So-net無料ブログ作成
検索選択

ゲームマーケット2014秋 [イベント]

ゲームマーケット2014秋に参加してきた。

DSC00719a.jpg

晩秋の冷たい風が吹きつつも、天気に恵まれ日中は動くと汗ばむ陽気。

DSC00714a.jpg

場内は更なる熱気に包まれて、大勢の人で賑わっていました。
場内で一際目を惹いたのが、先行発売という「騎士カタン」。

DSC00686a.jpg

DSC00602a.jpg

DSC00605a.jpg

盗賊が島を荒らすカタンとは異なり、今度の敵は島に攻め入ってくる海賊。

プレイヤー側は騎士を使って海賊からの攻撃を防がなくてはなりません。

DSC00600a.jpg

会場限定販売の「エジプトカタン」は、

DSC00608a.jpg

発売開始30分で完売御礼とのこと。

改めてこのゲームの凄さを思い知らされます。

そういえば、「放課後さいころ倶楽部」の2巻でゲーム屋の店長が軍役時代にカタンで遊んだことを

回想するシーンがあり、その中で古代エジプトの人がボードゲームで遊ぶ壁画が見つかったという

話が出てきますが、カタンのようなゲームは脈々と後世に伝えられていくのでしょうか?

DSC00575a.jpg

こちらは真空管ドールコレクション、「管コレ」のブース。

DSC00569a.jpg

こちらも大いに賑わっておりました。

DSC00574a.jpg

DSC00565a.jpg

サイバーパンクな退廃的なイメージと、線の細い可愛らしい美少女が見事にマッチしてますな。

DSC00571a.jpg

DSC00589a.jpg

なんとドラマCDまで。

DSC00572a.jpg

声優陣を使って、メディアミックスに展開していきそうです。これは期待!

DSC00566a.jpg

DSC00655a.jpg

こちらは一風変わったボードゲーム「枯山水」。

DSC00652a.jpg

DSC00666a.jpg

各自自分の箱にはに砂紋を引き、苔を植え、石を設置し、その美醜?で得点を競うという風変わりな

ゲームでした。

スタッフさんが丁寧に説明をしていて思わず聞き入ってしまいましたw

DSC00657a.jpg

DSC00658a.jpg

外箱もまた渋いw

DSC00628a.jpg

こちらは「ひつじとどろぼう」ゲーム。

DSC00646a.jpg

DSC00631a.jpg

うまくひつじを見つけながら街に向かうゲーム。

DSC00635a.jpg

箱の中の白いモコモコした玉がひつじ。可愛い!!

DSC00612a.jpg

こちらは怪盗ジョーカーのリアル予告状ゲーム。

DSC00610a.jpg

原作はアニメみたいですな。全く知りませんでした。

DSC00611a.jpg

この予告状がカッコよかったです。

DSC00694a.jpg

こちらは毎回精緻なフィギュアをリアルなジオラマに設置している「ウォーロードゲームズ」さんの試遊台。

DSC00696a.jpg

DSC00700a.jpg

DSC00704a.jpg

DSC00692a.jpg

映画の宣伝まで。

DSC00679a.jpg

五目並べ。

DSC00680a.jpg

DSC00683a.jpg

こちらも五目並べかと思いましたが、「連珠」というゲームがあるんですね。

五目並べから派生したゲームなのだそうです。

DSC00688a.jpg

「びっくりするほどユートピア帰れない」海底探検。

キャッチコピーがいいですね。

DSC00690a.jpg

プレイしている皆さんは無事探検を終えて帰還できたのでしょうか??

DSC00615a.jpg

異色なところでは「聖書」を題材にしたゲームも。

バイブルハンター」だそうです。

DSC00616a.jpg

聖書に言葉をつけ、点数を競うゲーム。

DSC00614a.jpg

新聞にも紹介された模様。

DSC00712a.jpg

こちらは「アラビアの壺」というゲーム。

DSC00711a.jpg

壺を振って、中から同じ音がする壺をそろえるゲームだそうです。

視覚に頼らなくてもプレイできる、目の不自由な方でも遊べるような配慮が

なされているというのは素直に感動しました。

<カタログと戦利品>

DSC00726a.jpg

今回からカタログと入場チケットが別になったみたいです。

DSC00728a.jpg

サークル「おいしいたにし」さんの刊行されたゲームブック、「青の匣(上)」。

主人公、吸血鬼の少女ミランダとなって、19世紀のヨーロッパを旅するお話みたいです。

DSC00729a.jpg

こちらはサークル「おーもり」さんの新刊「絶海遺跡プラトイム」。

毎回のことながら分厚い単行本で、創元推理文庫版の「王たちの冠」を手にしたような手ごたえを感じますw

DSC00734a.jpg

世界最大のゲームブックといわれる「ネバーランドのリンゴ」と比べてもこの分厚さ。

まあ「ネバーランドのリンゴ」は後半の蜃気楼城の「通路は東(○○)と西(○○)に通じています」というパラグラフが

結構あるから、ページ数が少ないのかも知れませんが。
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 2

psyshu

イベントお疲れ様でした。また沢山のゲームとの出会いがあったようですね>ω<ノ
色々と気になるゲームが有ったのですが、カタン人気は衰えずって感じですね。
そして声優さん達が豪華な「管コレ」、非常に興味が沸きました。
「連珠」はゲーセンかファミコンで見た気もしますが
やはりボードでやるのが楽しそうですね
by psyshu (2014-11-17 21:27) 

ITABITO

psyshuさん

毎回参加するごとに参加者が増えていって
規模も大きくなっていっている気がします。
ビデオゲームに押されて肩身が狭い思いをしているかと思いきや
物凄く活気がありました。
管コレ、興味深いですよね。
一緒に遊ぶ人がいれば・・・w

nice!ありがとうございます。
by ITABITO (2014-11-18 22:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。