So-net無料ブログ作成

HDD交換 [PC]

先日SeagateのBarracuda 7200.11等のHDDにおいて、ファームウェアに欠陥があり
アクセス不能になる可能性があるという、爆弾を抱えているのはご存知のとおり。

「Impress PCWatch」(2009年1月19日) 【SeagateのBarracuda 7200.11などにアクセス不能になる不具合】
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0119/seagate.htm

我が家も去年の11月頃にマザボ交換でHDDをSATAモデルに交換せざるを得なかったのだが、
そのHDDが「ST3500320AS」。搭載しているファームはSD15。

Seagate03.JPG

 ↑SeaTools for Windowsの情報。

続きを読む


CPU&メモリ交換 [PC]

2009年アキバ詣の昨日、CPUとメモリを購入。

CPUはCore2Duo E8500(3.16Ghz)
メモリはセンチュリーマイクロのDDR2-800、2GB*2のセット。
思えば自作PCを始めてから、バルクじゃないメモリを買うのは初めてかも。

DSCF2418.jpg

続きを読む


ゲームブック [ゲームブック]

今から20年以上前、ロンドンのペンギンブックスから刊行されたゲームブック「火吹山の魔法使い」。
その共同著者S・ジャクソンとI・リビングストンを始めとした執筆陣によりシリーズ化された「ファイティングファンタジー」。
http://www.fightingfantasy.com/

(これも懐かしきデータイーストから同名の対戦格闘が出ていたが無関係)

日本でも社会思想社より和訳され、書店を覗けば専用のコーナーまであったほど流行した。
ある程度の歳の方ならwそんなものもあったなぁ、と記憶されている方もいるのではなかろうか?

そうでない方も書店のゲーム書籍コーナーに創土社から刊行されたゲームブックが並んでいるのを
見たことがある人もいるかもしれない。

ゲームブックとは、パラグラフ(項目)1から読み進めて、文中の選択肢やアイテムなどのキーの有無、
サイコロの乱数の結果によって他のパラグラフへ移動し、最終的にゴールを目指すもの。
「小説と双六がミックスしたようなもの」とは昔のゲームブックの解説だが、的を得た表現だと思う。
まあ、基本的に双六のようにコマを飛ばしたり、複数人でやらないなど、いくつかの相違点はあるとして。
(二人用の対戦ゲームブックというのはあったけど)

そのゲームブックが、先月末に復刊になったので買ってみた。

ブツは「デストラップダンジョン」、「ハウスオブヘル」。

090104_01.jpg

↑表紙。最初はゲームブックと判らず本屋で素通りしてしまうほどの変わり様。
昔の奴は折り目が弱くて折り目の部分からちぎれてしまうことが多かったなぁ。

さあ、ページをめくりたまえ


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。